第11回 千代倉書道教室(学生部・一般部)小品展

会期/平成30年8月17日(金)〜20日(月)



木更津市
▼時間 11時〜19時(初日は15時から、最終日は16時まで)
▼会場 イオンモール木更津2階 イオンホール
▼内容 受講生有志と講師の作品展示
▼入場料 無料
▼申込み 不要。直接会場へ
▼主催 千代倉書道教室
〈問合せ〉
TEL0438(38)3038
千代倉書道教室[ホームページ



 

  平成30年度 特別展 恐竜ミュージアム in ちば

会期/平成30年9月24日(祝)まで



千葉市
>>>拡大
▼休館日 9月3日(月)、10日(月)、18日(火)
▼開館時間 9時〜16時30分(入館は16時まで)
▼会場 千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町955‐2)
▼内容
実物の恐竜化石(全身骨格2体)の展示、恐竜の歯・爪・白亜紀の海の生き物たちの化石の展示、マンガによる解説、恐竜時代の千葉県の生き物の化石の展示、体験イベント等
▼入場料
一般800円、高校・大学生400円、中学生以下・65歳以上・障がい者手帳所持者は無料

▽講演会
○銚子ジオパークの魅力
 期日 7月29日(日)
 講演者 岩本直哉さん(銚子ジオパーク推進協議会)他
○日本の恐竜、世界の恐竜
 期日 8月12日(日)
 講演者 高桑祐司さん(群馬県立自然史博物館)、徳川広和さん(恐竜造形作家)
○最新恐竜学
 期日 8月19日(日)
 講演者 真鍋真さん(国立科学博物館)
定員 150名(先着順)
参加費 無料(要入場料)

▽イベント
○恐竜マンガ教室
期日 8月5日(日)
講師 森本はつえさん(漫画家)
定員 90名(先着順)
○恐竜骨格復元教室
期日 8月13日(月)
講師 徳川広和さん(恐竜造形作家)
定員 60名(先着順)
※要事前申込み。材料費・入場料必要
○恐竜くんトークショー
期日 9月9日(日)
講師 恐竜くん
定員 150名(先着順)
※入場料必要

▽ミュージアム・トーク
期日 特別展開催中の毎週土曜日
内容 研究院による展示解説
▽化石を学べる体験イベント&教室
内容 化石発掘たいけん他
※詳細はウェブサイトで確認して下さい
申込み 不要。直接会場へ
※恐竜骨格復元教室のみ要事前申込み

〈問合せ〉
TEL043(265)3111
千葉県立中央博物館
http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/


>>>拡大

 

  平成30年度企画展(1)
地図を持って出かけよう!
〜石井更幸コレクションに見る内房の交通と観光〜

会期/平成30年8月4日(土)〜10月14日(日)



袖ケ浦市
少年時代からそではくに親しんだ石井更幸さんが、「いつか博物館のために」とコツコツと収集した近代〜現代までの房総の交通・観光にかかわるコレクションです。

▼休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
▼開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
▼会場 袖ケ浦市郷土博物館2階 特別展示室
▼内容 
(0)石井更幸さんとそではく 〜のぶちゃんとたみさんの物語〜
(1)えらべるトラベル のびる鉄道・ひろがる世界
 1、鉄道開通!夢いっぱいの汽車の旅
 2、乗合自動車で行こう!自由自在のバスの旅
 3、船でも行こう!海を渡って汽船の旅
(2)地図?絵画? 楽し・美し、鳥瞰図
 1、大正の広重、吉田初三郎
 2、千葉で活躍!峰庫治、松井天山
 3、巨匠に続け!金子常光、鳥羽圭水
(3)海!山!お寺に神社!
 リゾート地房総のPR大作戦!
 1、海水浴・ハイキング・お弁当、魅力いっぱい観光地
 2、東京から1・2泊!旅館のPR大作戦
 3、古社・名刹を訪ねて
(4)戦争の足音、そして戦後の復興の中で
 1、リゾートに響く戦争の足音
 2、終戦、復興、躍動の昭和と埋め立てられる海岸
(5)平成、次の時代に何を残せるか
 1、アクアライン開通、変わったもの・変わらないもの
 2、これからも、ここをふるさとに
▼展示資料
市民コレクター石井更幸氏所蔵コレクション 近代〜現代の交通・観光関係資料(地図・鳥瞰図・時刻表・パンフレット等)500点以上
▼入場料 無料
▼申込み 不要。直接会場へ

▽展示解説会
◎期日 8月11日(祝)、9月1日(土)、10月13日(土)
◎時間 各日共11時〜
◎申込み 不要。直接会場へ
▽移動講座
1、昔の避暑地をめぐる夏のバスツアー…8月12日(日)
2、古地図を持って出かけよう!…9月23日(日)
◎申込み 電話で次まで
▽石井更幸さんとHOゲージを走らせよう!
◎期日 8月19日(日)、9月16日(日)、10月7日(日)
◎時間 各日共10時30分〜11時30分、14時〜15時
▽第148回袖ケ浦学「地図製作へのこだわり〜峰庫治の世界〜」
◎日時 9月30日(日) 13時30分〜
◎講師 若菜三郎さん(千葉市立郷土博物館学芸員)
◎定員 40名(先着順)
◎申込み 電話で次まで

主催 袖ケ浦市郷土博物館
〈申込み・問合せ〉
TEL0438(63)0811
※月曜を除く9時〜17時
袖ケ浦市郷土博物館[ホームページ

拡大

拡大

 

  かわいいガラス展

会期/平成30年8月3日(金)〜12月24日(休)



勝浦市
SGT美術館は2016年7月に勝浦市にオープンした美術館です。館長が個人で収集した江戸から近代までの日本画、洋画、陶磁器、漆器、皇室などの調度品(明治工芸)を収蔵しています。

▼時間 10時〜17時(入場は閉館の30分前まで)
▼休館日 毎週火・水・木曜日
▼会場 SGT美術館(勝浦市守谷1512)
▼内容
鼻煙壷(嗅ぎたばこの壷)、江戸切子、薩摩切子、ガレ、ドーム等のアールヌーボーのガラス作品の展示
▼入場料 大人900円、中高生600円、小学生400円 ※常設展も観覧できます
▼申込み 不要。直接会場へ

〈問合せ〉
TEL0470(64)6336
SGT美術館[ホームページ

第8回 SGT美術館アート&コンサート
クラシカルサクスフォンコンサート〜煌めきの星空に届け〜

日時 8月19日(日) 15時〜16時(予定)
>>>詳しくは


拡大

 

 

  特別展 芸術の旅人 堂本印象の世界展
〜エスキスからタブローへ情熱の真髄〜

会期/平成30年4月29日(祝)〜9月2日(日)
休館日/毎週火・水曜日 ※5月1日(火)、2日(水)は開館



富津市
 京都に生まれた堂本印象は、大徳寺龍翔寺の襖絵・壁画・杉戸絵などで日本画家として確固たる地位を築きました。その後、ヨーロッパ旅行に題材を取った都市や社会にある孤独感などの深い虚無感を描き出した「メトロ」、新しい芸術の潮流を見据えた「意識」を発表し、具象から抽象表現へ華麗なる飛躍をとげ、日本の戦後美術に大きな影響を残しました。
 本展では京都府立堂本印象美術館所蔵品から名品74点を前期・後期に分け、日本画家にとって最も大切なエスキス(スケッチや下図)を通しタブロー(本画)完成までの困難な創造に立ち向かい、模索し、格闘した軌跡を紹介します。

▼時間 10時〜17時(入館は16時30分まで)
▼会場 金谷美術館(富津市金谷2146‐1)

▼主な展示作品 
前期「特別展 堂本印象の世界展」(4月29日(祝)〜7月1日(日))
「猫」119.5×90.5cm 1922年、



「坂」120.0×72.0cm 1924年、
婦人公論表紙下絵28.0×25.0cm 1934年、
「自画像」37.0×45.0cm 1935年、
「メトロ」166.0×121.0cm 1953年、
「回帰」160.0×130.0cm 1963年

後期「特別展 Insho DOMOTO展」(7月5日(木)〜9月2日(日))
「蒼龍」(小下絵)52.0×109.0cm 1933年、
「梅薫る里」46.0×55.0cm 1955年、
「観音」36.0×34.0cm 1963年、
「友情」160.0×140.0cm 1963年、
「はるかなる海」六曲屏風一隻169.0×390.0cm 1967年、
「ロゴスの不滅」160.0×130.0cm 1968年



▼ 入館料 一般800円、中・高校生500円、小学生以下無料
※障がい者手帳所持者は無料
▼申込み 不要。直接会場へ

▽クラシックコンサート(100万人のクラシックライブ)

日時 6月17日(日) 13時〜、15時〜
出演 100万人のクラシックライブアーティスト(2名)
定員 50名(先着順)
参加費 1,500円(特別展観覧料含む)
申込み 電話又はEメールで次まで
締切り 6月16日(土)

▽トークイベント「堂本印象の芸術について」
日時 7月22日(日) 14時〜
ゲスト 岩波昭彦さん(日本画家)
聞き手 芝田尚樹さん(担当学芸員)
参加費 無料(入館料が必要です)
定員 60名(先着順)
申込み 電話又はEメールで次まで
締切り 7月21日(土)

▼入館料 一般800円、中・高校生500円、小学生以下無料
※障がい者手帳所持者は無料
▼申込み 不要。直接会場へ
▼主催 公益財団法人 金谷美術館

〈問合せ〉
TEL0439(69)8111
金谷美術館
http://kanayaart.com