令和3年度「鎌足桜の魅力」写真と短歌・俳句コンテスト作品展示

会期/2021年8月23日(月)〜9月3日(金)(平日のみ)



木更津市
木更津市鎌足桜保存会による「鎌足桜の魅力」写真と短歌・俳句コンテストの入賞作品が、木更津市役所朝日庁舎2階に展示されています。なお同コンテスト開催は今年で最後となります。

▽時間 8時30分〜17時15分
▽会場 木更津市役所朝日庁舎2階 会議室A周辺
▽内容 写真12作品、短歌(色紙)9作品、俳句(色紙)14作品と審査員参考作品各1点
▽入場料 無料
▽申込み 不要。直接会場へ

〈問合せ〉
TEL0438(52)3111
木更津市鎌足桜保存会事務局(鎌足公民館内)

 

  2021 第14回洋画グループ犀展

会期/2021年9月2日(木)〜30日(木)



木更津市
▽期間 9月2日(木)〜30日(木)
▽時間 9時〜15時(窓口営業時間内)
▽会場 千葉信用金庫 中央支店(木更津市中央1‐4‐6)
▽内容 新井康平さん、岩埜せつ子さん、里地芳美さん、中村竹子さんの作品の展示(小品12点程度)
▽入場料 無料
▽申込み 不要。直接会場へ
▽主催 洋画グループ犀

〈問合せ〉
TEL0438(22)5079 岩埜さん

 

  パネル巡回展「君津のひみつ展」

会期/各会場による



君津市
君津市誕生にまつわる物語や、市域の暮らしを支えてきた自然・歴史・文化の特徴的なエピソードなどをパネルで紹介。君津市内13会場で開催されます。

期間・会場
▽8月17日(火)〜9月12日(日)
 ※ 月曜休館、一部の展示は9月5日(日)まで
時間 10時〜18時
会場 君津市立中央図書館(君津市久保2‐13‐3)
その他 「君津市50年のあゆみ展」と同時開催

▽8月18日(火)〜9月6日(月)
時間 9時〜22時 
 ※ 日曜は17時まで
会場 上総地域交流センター・上総公民館1階ふれあいホール(君津市久留里市場192‐5)

▽8月31日(火)〜9月3日(金)
時間 8時30分〜17時15分
 ※ 最終日は16時30分まで
会場 君津市役所1階 ロビー(君津市久保2‐13‐1)

▽9月8日(水)〜30日(木)
 ※ 9月20日(祝)・23日(祝)は休館
時間 9時〜22時
 ※ 日曜は17時まで
会場 八重原公民館1階 コモンスペース(君津市南子安9‐17‐2)

▽9月10日(金)〜10月18日(月)
 ※ 9月20日(祝)・23日(祝)は休館
時間 9時〜日没まで
 ※ 日曜は17時まで
会場 小櫃公民館 駐車場(君津市末吉128)

▽9月14日(火)〜28日(火)
 ※ 9月20日(祝)・23日(祝)は休館
時間 9時〜22時
 ※ 日曜は17時まで
会場 周西公民館 ホール前ホワイエ(君津市人見4‐11‐21)

▽10月16日(土)〜12月5日(日)
 ※ 月曜・11月4日(火) ・24日(水)は休館
時間 9時〜16時30分
会場 久留里城址資料館 2階 展示室(君津市久留里字内山)
その他 実物資料が展示されます

▽10月22日(木)〜11月1日(月)
時間 9時〜22時 
 ※ 日曜は17時まで
会場 周南公民館 ロビー(君津市大山野26)
その他 出土遺物公開展と同時開催

▽10月23日(土)、24日(日)
 ※ 24日(土)は午前中のみ
会場 旧秋元小学校(君津市西粟倉35)
その他 清和地区文化祭と同時開催予定

▽11月16日(火)〜28日(日)
 ※ 11月23日(祝)は休館
時間 9時〜22時
 ※ 日曜は17時まで
会場 君津市生涯学習交流センター・君津中央公民館1階 談話コーナー(君津市久保2‐13‐2)

▽11月23日(祝)〜28日(日)(予定)
時間 9時〜16時30分
 ※ 最終日は午前中のみ
会場 旧小糸小学校(君津市大井戸1061)
その他 小糸地区文化祭と同時開催

▽令和4年2月9日(水)〜3月9日(水)
 ※ 月曜休館
時間 9時〜17時
会場 松丘コミュニティセンター 談話室(君津市広岡1840‐1)

▽令和4年2月9日(水)〜3月9日(水)
 ※ 月曜休館
時間 9時〜17時
会場 亀山コミュニティセンター エントランス(君津市坂畑321‐1)

入場料 無料
申込み 不要。直接会場へ
その他 
 ○感染症対策のため、入場時間や人数が制限される場合があります。また、開催中止や開館時間が変更されることがあります
 ○展示期間中、ホームページで資料の解説が順次公開されます
https://www.city.kimitsu.lg.jp/soshiki/54/

〈問合せ〉
TEL0439(27)3478
    久留里城址資料館

 

  市制施行50周年記念展示 「君津市50年のあゆみ展」

会期/2021年8月17日(火)〜9月5日(日)
 ※ 月曜休館



君津市
▽時間 10時〜18時
▽会場 君津市立中央図書館ギャラリー(君津市久保2‐13‐3)
▽入場料 無料
▽申込み 不要。直接会場へ

〈問合せ〉
TEL0439(52)4646
   君津市立中央図書館

 

  蔵波城御城印発行記念展示

会期/2021年10月31日(日)まで
 ※ 月曜休館、9月20日(祝)は開館、21日(火)は休館



袖ケ浦市
蔵波城御城印の発行に併せ、袖ケ浦市郷土博物館で、記念展示が開催されています。

▽時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
▽会場 袖ケ浦市郷土博物館1階 ロビー
▽テーマ 蔵波城・久保田城と戦国時代の江戸湾
▽内容 
 ○蔵波城の縄張図、鳥瞰図、出土資料
 ○久保田城の概念図、出土資料
 ○戦国時代の江戸湾勢力図等
▽入場料 無料
▽申込み 不要。直接会場へ


〈申込み・問合せ〉
TEL0438(63)0811
※ 月曜を除く9時〜17時
袖ケ浦市下新田1133
   袖ケ浦市郷土博物館

 

  祝世界文化遺産への登録勧告 北海道・北東北の縄文遺跡群
−特別史跡 三内丸山遺跡時代の袖ケ浦−

会期/2021年8月29日(日)まで 
※ 月曜休館、8月9日(祝)は開館、10日(火)は休館



袖ケ浦市
▽9時〜17時(入館は16時30分まで)
▽会場 袖ケ浦市郷土博物館1階 ロビー
▽展示内容
 ○嘉登遺跡出土深鉢2点(縄文時代中期)
 ○向神納里遺跡出土深鉢2点(縄文時代中期)
 ○上大城遺跡出土深鉢1点(縄文時代中期)
▽入館料 無料
▽申込み 不要。直接会場へ


〈申込み・問合せ〉
TEL0438(63)0811
※ 月曜を除く9時〜17時
袖ケ浦市下新田1133
   袖ケ浦市郷土博物館

 

  <特別展示>鯰絵のイマジネーション −黄雀文庫所蔵−

会期/2021年9月5日(日)まで 
※ 月曜休館、8月9日(祝)は開館



佐倉市
▽9時〜17時(入館は16時30分まで)
▽会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A

▽入館料 一般600円、大学生250円
 ※高校生以下は無料、障がい者手帳所持者は手帳提示により、介助者とともに入館料無料
 ※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑に入場できます
▽申込み 不要。直接会場へ

>>>拡大

〈申込み・問合せ〉
TEL050(5541)8600(ハローダイヤル)

国立歴史民俗博物館
https://www.rekihaku.ac.jp/

 

 

  木更津市郷土博物館金のすず 「リニューアルオープン」

期間/7月17日(土)から
 ※ 月曜休館(祝日の場合は翌日)



木更津市
 空調工事で長期休館していた木更津市郷土博物館 金のすずが「未来へ伝えたいものがある。」をテーマに、7月17日(土)にリニューアルオープンします。
 館内には木更津市の歴史、市所蔵の書画、民俗資料などが常設で展示されます。
 また、8月31日(火)まで特別に無料で観ることができます。

▼時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
▼会場 木更津市郷土博物館 金のすず(木更津市太田2‐16‐2) 

▼リニューアルの見どころ
○常設展示の再構築…国立歴史民俗博物館と共同研究した成果をもとに、国指定重要文化財「千葉県金鈴塚古墳出土品」を再構築
○新たな資料の常設展示…笹子城跡出土品(中世)、昭和20年の1年間を描いた木更津高等女学校生徒資料(近現代)、国指定重要有形民俗文化財「上総掘り用具」の一部(民俗)等

>>>拡大

▼対象 どなたでも
▼入館料 無料(8月31日(火)まで)
 ※ 9月1日(水)以降は一般200円、大学・高校生150円、中学生以下・65歳以上無料 
▼申込み 不要。直接会場へ
▼その他 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の状況により、開館時間が変更になる場合があります

〈主催・問合せ〉
TEL0438(23)0011
※ 9時〜17時
木更津市郷土博物館 金のすず


>>>拡大

 

  吉田堅治展《LA VIE=生命》

会期/7月3日(土)〜11月27日(土)
 ※ 火曜休館、11月23日(祝)は開館、 11月24日(水)は休館



富津市
 1964年、東京オリンピックが開催されました。神武、岩戸景気と続き、日本の戦後復興を全世界に向けて発信した一代イベントでした。この年、不惑を迎えた吉田堅治は、小学校教員を辞職し、画家を志してパリに向かいます。カミカゼ特攻隊士として応招され、運命に翻弄されながらも終戦を受け入れ、生かされた感謝の中に、どのように生き、何をなすべきか模索しました。「吉田 銃を取るな、絵を描け」という恩師の遺訓が大きく蘇りました。「いのち」と「平和」の大切さを人々に語りかけるために、絵を描こうと決心したのです。
 パリ時代初期には、イギリス人画家スタンレー・ウィリアム・ヘイターが開設した銅版画工房アトリエ17に通い、銅版画制作に専念します。1972年、フランス政府の芸術家アパートに入居、ここを拠点に幾多の死を見つめてきた魂の祈りを表現した作品を生み出します。1990年、メキシコの旅ではマヤ文化に触れて生命と宇宙との結合を表現した数々の代表作が誕生します。
 1993年、現存の日本人作家として、初めて大英博物館で個展が開催されます。この展覧会を企画した日本美術部長のローレンス・スミス氏は、「吉田の作品は、襖絵や屏風絵の精髄に非常に似ているが、詩的な形象に頼ることのない、日本画なるものの今あるべき姿である。」と高く評価しました。そして後年「吉田は、光の反射として色彩を表現するのではなく、光の作家である。」と述懐します。
 単純で普遍的なフォルムは、浄光に満ちあふれ、光輝く空間を創出します。「平和」こそ最高の美であるとする吉田の作品が、私たちに希望の光を与える機会になることを祈っています。

▼時間 10時〜17時(入館は16時30分まで)
▼会場 鋸山美術館(富津市金谷2146‐1)
▼入館料 一般800円、中高生500円、小学生以下無料
 ※ 障害者手帳所持者は無料
▼申込み 不要。直接会場へ

▽万華鏡作り体験
▼日時 8月8日(日) 13時〜、14時〜
▼会場 鋸山美術館
▼講師 赤星啓介さん(国画会会員)
▼対象 小学生以上
▼定員 各10名
▼参加費 1000円(材料費)※ 入館料別途
▼申込み 電話で次まで
▼締切り 8月7日(土)

▽ミュージアムコンサート
▼日時 10月17日(日) 14時〜15時30分(受付13時30分〜)
▼会場 鋸山美術館 展示室
▼出演 ジュゴンボーイズ(チェロ&チェンバロ)
▼参加費 3500円(入館料含む)
▼定員 50名
▼申込み 電話で次まで
▼締切り 10月16日(土)


>>>拡大

〈主催・問合せ〉
TEL0439(69)8111  鋸山美術館
ホームページ

 

 

  陶磁器展「名工たちの色とかたち」

会期/2021年8月29日(日)まで
休館日 火・水・木曜休館



勝浦市
▼時間 10時〜17時(入場は16時30分まで)
▼会場 SGT美術館 第3展示室(勝浦市守谷1512
 ※ カーナビ設定の場合は勝浦市守谷1501)
▼内容
近代日本で活躍した陶芸家、富本憲吉、北大路魯山人、金重陶陽、河井寛次郎、清水六兵衛、三輪休和(10代休雪)、濱田庄司、樂吉左衛門(11代慶入)、藤原雄、永楽善五郎(16代即全)などの作品約30点の展示
▼入館料 大人900円、中高生600円、小学生400円
▼申込み 不要。直接会場へ

〈問合せ〉
TEL0470(64)6336 SGT美術館
ホームページ

>>>チラシ拡大

 

  風景写生のメッカ「描かれた房総展」

会期/令和3年12月26日(日)まで(金・土・日曜のみ開館)
 ※ 1月〜2月、6月〜9月休館



鴨川市
 房総の地は首都東京から比較的近く、素朴な風景が好まれ、明治時代より有名無名を問わず、多くの画家が写生に訪れています。そんな房総各地をモチーフとして昭和初期から後期に描かれた作品が展示されています。

▼開館時間 10時〜16時
▼会場 私設房総郷土美術館(鴨川市四方木410‐5)
▼入館料 一般300円、高校生以下無料
▼内容 油彩画を主に、水彩と日本画を加えた36作品の展示
▼主な出品作家 板倉賛治さん、高橋虎之助さん、野村光司さん、岩井弥一郎さん、丹野良輔さん、有岡一郎さん、富田通雄さん、広本季与丸さん、志村一男さん、長谷川善四郎さん
▼申込み 不要。直接会場へ

〈問合せ〉
TEL04(7094)0333
   私設房総郷土美術館
ホームページ


>>>拡大