2017.12.09 袖ケ浦市
マンホールカード 袖ケ浦市配布開始

日本のマンホール蓋は世界に誇れる文化物!奥深い『楽しさ♪』を1枚に詰め込みました!
今、話題となっている、あの『マンホールカード』が袖ケ浦市にも誕生!
平成29年12月9日(土)より配布します!


※千葉県内では船橋市・柏市・鎌ケ谷市・習志野市・市川市に続いて袖ケ浦市が6番目の発行
日本のマンホール蓋は全国各地デザインが違うご当地モノなのです。
その土地に縁のある各所、名物品、スポーツ、キャラクター等が描かれています。

このカードは、下水道広報プラットホーム(GKP)と自治体との共同制作によるもので、清潔で快適な生活を送るために、なくてはならない下水道の大切さを理解してもらうことを目的に始まりました。
全国的な広がりを見せているマンホールカードは、平成28年4月に第1弾が発行され、今回の発行が第6弾目となり、293種類発行されることになります。

マンホール蓋の写真と設置されている座標軸、ピクトグラムが入ります。


デザインの由来やモチーフ、下水道についての情報等を記載します。
※この座標を地図で検索するとマンホール設置場所が特定でき、実際に訪れることができるようなっています。

★配布開始日/平成29年12月9日(土曜日)より配布開始
★配布時間・配布場所
月〜金    9時00分 〜 17時00分  袖ケ浦市役所 5階下水対策課カウンター
土日・祝日  9時00分 〜 17時00分  袖ケ浦市役所 守衛室
※土日・祝日については、市役所は開庁しておりませんので、正面玄関ではなく、市役所裏の守衛室にて日直の職員が配布します。
★配布方法/配布場所にて、1人1枚の配布となります。
※事前予約、郵送での対応はできません。

-----拡大-----
問い合わせ先/袖ケ浦市役所 都市建設部 下水対策課
TEL.0438(62)2111 内線419


下水道広報プラットホーム http://www.gk-p.jp/mhcard.html
下水道は暮らしや社会経済を支えている私たちの財産です。この財産を未来へ引き継ぎ、活かしていくためには、利用者である国民一人ひとりに下水道の理解を深めてもらう必要があります。
広報プラットホームは、下水道界をはじめ様々な人々が交流する場として、情報共有や広報活動を通し、下水道の真の価値を伝えると共に、これからの下水道をみんなで考えていく全国ネットワークの構築を目指します。

戻る
 

 

 
2017.09.19 富津市
燈籠坂大師の切通しトンネル

 燈籠坂大師は弘法大師が行脚中にそこで腰を休めたという口碑をもつ、東善寺の飛地境内地です。
 燈籠坂大師(東善寺)の住職の話によると、切り通しトンネルは城山(造海城)の尾根の関係で上り下りが急であったため、昭和初期に地元において切下げ工事を行い、現在の形になったとのことです。
 トンネルの先に鳥居があり、そこから階段を登った先が「燈籠坂大師」です。上から見える内房の海の絶景も要チェック!



〈問合せ〉
富津市商工観光課 電話:0439-80-1291

ホームページ
地図




戻る
 
 

 

 
2017.09.19 袖ケ浦市
かまくら街道

 昔ながらの雑木林と竹林の中を巡る道。
 途中には樹齢150年を超えるような巨木もあります。
 春は新緑を愛でながら、夏は涼しい木陰で森林浴を楽しみ、秋は色付く木々を眺め、冬は、鳥の囀りを聴きながら静かに歩く。
 四季折々の楽しみ方ができるハイキングコースです。



かまくら街道へのアクセス
JR内房線長浦駅から徒歩15分、館山自動車道姉崎袖ケ浦ICから約5km(正福寺)
<里山を歩く会>HP:http://satoyamawk.exblog.jp/
問合せ:袖ケ浦市観光協会 0438-62-3436

ホームページ





戻る
 
 

 

 
2017.08.12 袖ケ浦市
袖ケ浦アンダーパス開通

 7月18日(火)に袖ヶ浦駅の南北市街地を結ぶ県道の「袖ケ浦アンダーパス」が開通しました。「袖ケ浦アンダーパス」は袖ケ浦市役所の前を通る400メートルほどの歩道付き片側1車線の道路です。
これにより、JR内房線で分断されていた袖ケ浦市内陸の市街地と海側の区画整理地が繋がり、交通の利便性が向上しました。



〈問合せ〉
袖ケ浦市役所 土木建設課
袖ケ浦市坂戸市場1番地1  電話:0438-62-3626

ホームページ


戻る
 
 

 

 
2017.04.08 富津市
金谷ステーション オープン!

 富津市は前年度、「まち・ひと・しごと創生」を目標に、地域の魅力を引き出して活力のあるまちづくりを目指した「富津市観光・しごと・移住推進プロジェクト-East Coast of Tokyo Bay-」を実現するために「オール富津情報交流センター(AFICC)」を設立しました。
 そして、その拠点として、北部のビジネスビューロー事業を担う「イオンモール富津ステーション」が2月10日(金)に、南部観光ビューロー事業を担う「金谷ステーション」が3月19日(日)にオープンしました。
 「金谷ステーション」は、鋸山や富津市、南房総の観光情報の案内を行う総合観光インフォメーションセンターで、外国人を含めた観光客やサテライトオフィスの誘致なども行います。
 センター内には、インフォメーションコーナー、カフェ、物販スペース、コワーキングスペースがあり、日帰り温泉、宿泊の利用もできます。またレンタルサイクルも4月中旬より開始の予定です。



〈問合せ〉
TEL0439(29)7755 富津市金谷2175
オール富津情報交流センター 金谷ステーション

ホームページ


戻る
 
 

 

 
2016.12.10 君津市・富津市
「東魁盛」「峯の精」酒類鑑評会 優等賞受賞

 東京国税局主催の「平成28年酒類鑑評会」が10月4日から7日にかけて東京都内で行われました。
 この酒類鑑評会は酒類の品質評価をすることにより酒造技術の進歩・発展を促し、酒類業の健全な発達に資することを目的として毎年開催されています。
 部門は清酒吟醸部門、清酒燗酒部門、本格しょうちゅう部門、ビール・発泡酒部門に分けられており、東京国税局管内の南関東一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、山梨県)の製造場で6月までに造られたものが対象となり、かずさ地域では2つの酒造店が「優等賞」を受賞しました。
 清酒吟醸部門より「フルーティな吟醸香と適度に熟成したなめらかな味わいが見事に調和」と『東魁盛』の小泉酒造合資会社(富津市)。
 清酒燗酒部門では、『峯の精』の葛{崎酒造店(君津市)と『東魁盛』の小泉酒造合資会社(富津市)が「味わい深く熟成され、これからの季節に燗をして飲む清酒にふさわしい品質」と高く評価されました。


★小泉酒造合資会社(富津市)
千葉県富津市上後423-1 TEL:0439−68−0100
営業時間9:00〜17:00(年中無休)
http://www.sommelier.co.jp/

寛政5年(1793年)名字帯刀を許された小泉平蔵が、小泉酒造を鹿野山の麓に位置したこの地に興しました。以来、襲名を重ね、明治初期に家督を継いだ源蔵が一段と家業に力を入れ、大きく発展いたしました。今に残る土蔵造りの酒蔵は源蔵の偉業の一端を偲ばせるものがあります。昭和初期、蔵主であった一助は温度管理を徹底するために早くより冷蔵庫を蔵の中に作り、清酒の品質向上に努めました。試験場に住みこみながら、酒造りの修行も積み、周辺地域で先進的であった吟醸酒造りに情熱を傾けました。この吟醸酒造りへの気風はその後脈々と受け継がれております。
現在は蔵主自らが杜氏を務め、澄んだ空気と清涼な水をたたえた湊川のほとりという環境のもと、「酒造りは米作りからと」自ら育てた米、鹿野山山系の仕込み水、そして熟達した技により、古き良き伝統を守りながら、新しい時代を見据えた酒造りに努めております。このような酒造りに対するこだわりをもった姿勢は様々な鑑評会において高い評価につながっていると考えております。
平成8年(1996年)より、「消費者に喜ばれるお酒を」をモットーに「ソムリエハウス酒匠の館」と銘打って、常時20種類以上の清酒やリキュールの試飲がお楽しみいただけるコーナーを設けております。そのほかに、大吟醸酒入りソフトクリームや蔵元特製甘酒などもご賞味いただけます。併設しております資料館には、江戸時代からの生活用品や清酒製造製品の展示もございます。


(株)宮崎酒造店(君津市)
千葉県君津市戸崎1780 TEL:0439-35-3131
営業時間/8:00〜17:00
定休日/土曜(ただし12月は除く)、日曜、祝日
(直売所は、不定休/ほとんど年中無休8:00〜17:00)

慶応二年創業の(株)宮崎酒造店では、上総丘陵から湧き出る清水と磨き込んだ酒造米を原料とし、昔ながらの手造りの良き伝統を守りつつ、地酒『峯の精』を醸出しております。
所在地の小字が峯であることから、『峯で生まれたまじりけのないすぐれたもの』の意で、銘柄を『峯の精』と称しておりますが、『精』は米を搗いて白くしたもの、あるいは不思議な力を持つ酒などの意味も合わせ持っております。
私どもが常に良心的な酒造りに努めておりますことは、普通酒の金印清酒でも精米歩合70%と非常に高い平均精白歩合を誇っておりますことからも御推察いただけるものと思います。
春には粗削りながらも若々しい新酒、夏にはつめたく冷やした吟醸酒、秋には山吹色に熟成したまろやかな純米酒、冬には心から温まる燗酒と、季節により日本酒の楽しみ方も様々ですが、どの季節にもぜひ1献、白く磨いた米から生まれた純な地酒『峯の精』をお楽しみくださいますよ。


戻る
 
 

 

 
2016.6.11 木更津市
新「木更津金田バスターミナル」オープン!

東京湾アクアラインの木更津金田IC近くに新「木更津金田バスターミナル」が6月11日(土)にオープンしました。
乗り入れ路線の拡大や発券窓口サービスの提供など、スケールアップされて更に便利になっています。



所在地
〒292-0007
木更津市瓜倉225番地
(金田西特定土地区画整理事業3−1街区3)


○発券窓口
待合所内窓口で乗車券・定期券などを販売します。
営業時間 午前7時〜午後5時(土・日曜日、祝日は午前8時?午後5時)
詳しくはお問い合わせください。
日東交通(株)運輸部 0438-23-1812
小湊鐵道(株)木更津車庫 0438-37-7299

○市営駐車場(年中無休・24時間営業)
4月1日から料金制度が日付制から24時間制に変更になりました。また、第2駐車場専用定期駐車券(月額3,000円)の販売を開始しました。

駐車料金
第1駐車場:24時間あたり500円 第2駐車場:24時間あたり400円
定期駐車料金
第一・第二共通券 4,000円
第二専用券    3,000円

★入庫後最初の30分以内は無料
★定期利用等の詳細については市ホームページをご覧ください。

詳しくは、市ホームページをご覧いただくかお問い合わせください。
※定期駐車券は、木更津駅前西口駐車場(電話:0438-25-2489)で販売しています。


木更津市 都市整備部 市街地整備課
〒292-8501千葉県木更津市朝日3-10-19木更津市役所朝日庁舎
(イオンタウン木更津朝日2階)
都市整備担当 Tel:0438-23-8468
公園担当 Tel:0438-23-8467
木更津市ホームページ


戻る
 
 

 

 
2016.3.31 袖ケ浦市
“好きです!木更津”検定
ガイドブックU探訪編

 木更津は自然を活かした農業や漁業、特産品やそれらを活かした料理など、魅力にあふれています。
“好きです!木更津”検定は、木更津の新たな発見や再確認を楽しめる検定です。
“好きです!木更津”検定は、木更津の魅力を多くの方に知っていただくことを目的に毎年実施しています。

“好きです!木更津”検定ガイドブックU探訪編 新刊
内容は問題形式になっていますが、木更津の街中を歩きたくなるような観光マップ付になっています。
ぜひこの機会に、木更津のことを知り、本を片手に散策してみてください。
検定試験の受験をお考えの方も、そうでない方も、必見の内容です!

価格/1,000円+税
木更津市内の書店でお買い求めいただけます




>>>ホームページ


戻る
 
 

 

 
2016.3.31 袖ケ浦市
そでがうらスタンプラリー2016
お得なクーポン付!

 応募期間中にスタンプポイントを2ヶ所以上回ると、総計100名様に抽選でギフト券などが当たります。 応募用のチラシには市内36ヶ所で使えるお得なクーポンも付いています。 春先のいちご狩り、1日遊べるテーマパーク、新鮮野菜の直売所や話題の飲食店・お土産物屋などなど、 袖ケ浦の魅力をぜひ皆さん自身で体験してみてください。

参加方法
1.「スタンプラリーチラシ」を入手する。
(チラシはスタンプラリー実施施設、海ほたるPA等に置いてあります)
2.各スタンプ設置箇所のうち、2ヶ所以上のスタンプを押す。
(スタンプの押印は36協力店のいずれでもOKです)
3.チラシについているはがきに必要事項を記入し、ポストに投函する。 !ご注意!
協力店をご利用(有料入園・商品の購入・飲食等)いただいた方のみスタンプを押印いたします。
(複数名分の押印は複数名分のご利用が条件となります)
同一店舗のスタンプの複数回の押印は無効です。
ご応募はお一人様1回とさせていただきます。



>>>詳しくは


戻る
 
 

 

 
2016.3.23 袖ケ浦市
袖ケ浦市初となる登録有形文化財が誕生

平成28年3月11日(金)、文化庁において開催された文化審議会文化財分科会からの答申の結果、同じ敷地に建つ2棟の建造物が、袖ケ浦市では初となる登録有形文化財(建造物)として登録されることになりました。

▲旧藤谷家住宅主屋 東外観


▽名称 「旧藤谷家住宅主屋」「旧藤谷家住宅離れ」
▽員数 各1棟
▽種別 登録有形文化財(建造物)
▽所在地 袖ケ浦市代宿303-3
▽所有者 個人
▽年代
「旧藤谷家住宅主屋」 昭和30年上棟
「旧藤谷家住宅離れ」 戦前〜大正期
▽構造
「旧藤谷家住宅主屋」 木造2階建、瓦葺
「旧藤谷家住宅離れ」 木造平屋建、鉄板葺
▽その他
現在、主屋はデイサービス施設「通所介護のんき」として活用されています。


登録有形文化財の概要
「旧藤谷家住宅主屋」
旧藤谷家住宅主屋は、南側の平屋部分は瓦葺の寄棟造りですが、玄関と北側の2階建て部分は切妻屋根を持ち、農村部の民家と町屋の折衷と言えます。良質な木材をふんだんに使用し、全ての垂木先と破風板などに錺金物(かざりかなもの)で装飾するなど、手間をかけた造りとなっています。
間取りは8畳の3間が横並びに配置され、縁側が座敷を矩折れ(かなおれ)に廻っています。2階は6畳間のみですが、壁には繊維を埋め込んだ珍しい真綿壁を使い、天井裏の小屋組みが覗ける小窓を設けるなど、建て主の建築へのこだわりが垣間見えます。
築60年以上が経過しましたが、この家で生まれ育った方が大事に手入れをし、現在はデイサービス施設として活用されています。この地方における有力な家の近代的な住宅例として貴重であり、この度登録されることになりました。

「旧藤谷家住宅離れ」
主屋と同じ敷地の南側に建つ、木造平屋建て、寄棟造、鉄板葺、約8m四方の小さな建物です。棟札はありませんが、主屋に先立ち大正〜戦前期に建てられたと推測され、小規模ながら丁寧な造りの建物です。現在は鋼板葺ですが、かつては茅葺でした。
間取りは玄関と6畳間、8畳間、納戸のみですが、8畳間には床の間と縁側を設け、天井を磨き丸太と角材を交互に組み合わせた数寄屋風な格天井とすることで、独特な風合いを醸し出しています。
主屋とともに旧藤谷家の景観を構成する建物として、この度登録されることになりました。

※登録有形文化財とは、身近な歴史的建造物を届出制という緩やかな規制によって保存していこうとする国の制度により登録された有形の文化財です。指定文化財とは異なり、実際に活用されることが期待されています。

▲旧藤谷家住宅離れ 東側外観

▲旧藤谷家住宅主屋 ナカノマ南から

▲旧藤谷家住宅離れ 8畳間北東から

戻る
 
 

 

 
2016.3.23 袖ケ浦市
袖ケ浦市青少年相談員50周年記念作品

袖ケ浦市青少年相談員50周年記念作品のちぎり絵を袖ケ浦市役所に展示します。
昭和38年に発足した袖ケ浦市青少年相談員が50周年を迎えた記念事業としてちぎり絵を作成し、2月28日の「第20回ふれあいフェスティバル」で完成披露しました。
作品は、青少年相談員と市内の小中学生が作ったちぎり絵に、袖ヶ浦高校書道部がメッセージを揮毫したもので、青少年相談員と子どもたちがふれあう様子が鮮やかに描かれています。
作成に携わった小中学生や、多くの市民の方々にご覧いただけるよう、5月上旬まで袖ケ浦市役所で展示します。

▽展示期間 平成28年3月9日(水)から5月9日(月)まで
▽展示場所 袖ケ浦市役所本庁舎新館1階ロビー
▽問い合わせ先
教育部 生涯学習課 大野さん TEL0438(62)3743








戻る
 
 

 

 
2016.3.11 袖ケ浦市
壁画完成報告会(館山自動車道橋台)

袖ケ浦市子ども会育成連絡協議会が中心となり、市内の児童・生徒が館山自動車道浮戸川橋の橋台に壁画を作成しました。
壁画のデザインは袖ケ浦市子ども会育成会連絡協議会が「私たちの大切なもの」というテーマで募集・選考し、子どもたち54名の手によって描かれました。
完成報告会当日には壁画の周辺に花植え(プランター)が行われ、地域の環境保全会により環境美化活動の一環として管理されます。
なお、完成報告会は下記のとおり行われます。

▽日時
平成28年3月13日(日)午後2時(午後1時より子どもたちによる花植えあり)
▽会場 袖ケ浦市大曽根 館山自動車道浮戸川橋台
▽内容
13時〜14時 花の植え付け作業
14時〜14時30分
壁画完成報告会
袖ケ浦市子ども会育成会連絡協議会長挨拶
袖ケ浦市教育長挨拶
大曽根・勝環境保全会代表者紹介
NEXCO東日本市原管理事務所長挨拶
感謝状贈呈(NEXCO東日本から子ども会へ)
記念撮影・閉会
14時30分〜 片付け

▽主な出席者
袖ケ浦市子ども会育成会連絡協議会長 田中 雪夫 及び同会役員他
NEXCO東日本市原管理事務所長 齊郷 範明、副所長 三石 晃 他
袖ケ浦市教育委員会 教育長 川島 悟、教育部長 鈴木 和博 他
ネクスコメンテナンス関東市原事業所 小笠原所長、近藤課長
ネクスコ東日本エンジニアリング市原保全計画センター 柏崎課長
壁画作成に携わった子どもとその保護者

▽問い合わせ先 教育部生涯学習課
担当 大野さん TEL0438(62)3743




戻る
 
 

 

 
2016.2.15 袖ケ浦市
今年も出来ました!そでがうら一店逸品

 そでがうら一店逸品研究会とは月1回開催する研究会で、それぞれが持ち寄った逸品候補について話合いながら逸品を決定し、「こだわり」や「お店らしさ」がたくさん詰まった「そでがうらの逸品」を取り揃えます。
1年間を通してお客様に自信を持っておすすめする逸品を
時間を掛けて作り上げます!
【参加店】
全20店
カタログは、逸品参加各店、袖ケ浦市商工会のほか、袖ケ浦バスターミナルや三井アウトレットパーク木更津内チーバくんプラザなどにも設置予定です。
是非お手にとってみてください★

  

>>>詳しくは


戻る
 
 

 

 
2016.1.18 木更津市
Natural Cafe+Shop「hanahaco」

 障がい者支援施設「地域作業所 hana」を運営する特定非営利活動法人コミュニティワークスは、地域に住む障がいのある方のさらなる仕事創りのため、2015年3月20日(金)、木更津市矢那に「Natural Cafe+Shop hanahaco(ハナハコ)」をオープンしました。

 企業の障がい者雇用拡大に向けた施策が充実する一方で、精神障がい者への理解はなかなか進まず、彼らの働く場は不足しています。また、障がい者支援施設(就労継続支援B型事業所)で働く障がい者への工賃(賃金)も、全国平均14,437円(平成25年:厚生労働省発表)と低水準が続いています。
 これらの課題を解決し、障がいのある方の働く場の創出と、その働きに見合った正当な工賃(賃金)の支払いを目標として、カフェとショップを軸とした店舗「hanahaco」が開設されました。

 「hanahaco」は、カフェとショップの複合店舗です。外観や店内はカフェやショップそのもので、障がい者支援施設とは分からないデザインになっています。
 カフェでは、地場野菜(将来的には自家栽培野菜を使えるように農業にも取り組んでいます)やフェアトレード食材を中心に使った週替わりランチやサラダバー、ドリンクの提供の他、トプパテェシエ監修により障がい者施設で作られた絶品スイーツが食べられます。
 ショップでは、フェアトレード商品の他、全国の障がい者施設で作られた商品からのセレクトや、日本の技術や地場産業から生まれた雑貨品なども取り扱っています。大量生産ではなく、1つ1つにストーリーがある商品を少しでも生活に取り入れて頂けたらという思いで、ライフスタイルショップ的に構成されています。これらの商品はカフェでも使用されています。
 そして、バックヤードも含めて、そのいたるところで障がいのあるスタッフが働き、活躍する…そんな場所(haco:箱)になっています。

Natural Cafe+Shop「hanahaco」
▼OPEN 11:00-16:00 / CLOSE 火曜日
▼〒292-0812 千葉県木更津市矢那1879-1
▼日東交通バス(高倉線)木更津駅東口(5番のりば)から
約20分 『上総農園』下車
▼TEL 0438-38-4368 http://hanahaco.com/


戻る
 
 

 

 
2015.9.18 木更津市
JR久留里線のラッピング列車に乗ってみよう

JR久留里線のラッピング列車に乗ってみよう!
千葉県とJR東日本千葉支社の連携によるキャンペーン「クル来るくるり久留里線ふしぎトリップ」が行われています。
JR久留里線では、12月20日(日)まで、チーバくんや沿線市のキャラクターなどが描かれたラッピング列車が運行されます(全運行車両10両中4両)。
9月18日(金)15時頃より、君津市長、木更津市・袖ケ浦市の各副市長、木更津駅・久留里駅の各駅長、久留里線活性化プロジェクト実行委員会会長等関係者、チーバくん、きさポン、きみぴょん、ガウラ、駅長犬(JR東日本千葉支社のキャラクター)が出席して出発式が行われました。
木更津総合高校吹奏楽部の演奏に続き、来賓各位の挨拶、テープカットの後、木更津駅駅長山口一男さんの号令一下、15時48分発のラッピング列車一番列車がヘッドライトを点灯し、大きな警笛を鳴らして発車していきました。
運行期間中には沿線でコスモスフェスティバル…10月11日(日)、證誠寺狸まつり…10月17日(土)、久留里城祭り…10月25日(日)、亀山オータムフェスティバル…11月14日(土)〜12月6日(日)、笹川湖畔もみじまつり…11月21日(土)〜12月6日(日)等のイベントが行われます。
また、沿線にはイチジク・ナシ等の味覚狩り、久留里の酒蔵、農産物直売所、古民家レストラン、おしゃれなカフェ等の魅力的なスポットが数多く点在しています。
爽やかな秋晴れの一日、ラッピング列車に乗って、久留里線の「ふしぎ」を探しに出かけてみませんか?












>>>詳しくは


戻る
 
 

 

 
2015.9.5 富津市
ふるさとふっつ応援寄附(ふるさと納税)

平成20(2008)年度に導入された「ふるさと納税」制度は、納税という言葉が使われていますが、実際は寄附の制度です。
応援したい地方自治体(都道府県・市区町村)に寄附することで、住民税、所得税などから一定の控除が受けられる制度で、出身地に限らず応援したい自治体を自由に選ぶことができます。
かずさ地域4市においては富津市が4月から、1万円以上の寄附をした市外在住の方に「お礼の品」として富津市の特産品を贈呈する「ふるさと ふっつ 応援寄附」をスタートしました。



>>>詳しくは


戻る
 
 

 

 
2015.6.5 君津市
「きみつ食なび」グルメ散策のお供に

君津商工会議所は、平成27年6月1日(月)にグルメガイド『きみつ食なび』を発行しました。これは、君津市内の和食、洋食、中華、スイーツなど市内飲食店120店舗がジャンル別に一覧となったグルメガイドです。
掲載される飲食店や市内行政センター、君津商工会議所などで計1万部が無料配布されます。
近隣に出店した大型ショッピングセンターに対する商店街活性化対策として、また市民の利便性向上を目的に君津商工会議所が主体となり、市内飲食店で取材した情報をコンパクトな冊子にまとめ、自慢の料理や店主の顔を写真とともに紹介しています。
冊子に掲載されている店舗の情報は、君津商工会議所が運営するポータルサイトきみなび(http://www.kiminavi.jp/)にも掲載していますので、ウェブページからでもご覧になれます。ぜひ、君津の美味しいお店を見つけてみてはいかがですか。



掲載されている飲食店で食事をした感想などを、ポータルサイト「きみなび」の応募専用サイトに投稿すると、抽選で素敵な賞品が当たる「きみつ食なび発行キャンペーン」も行っております。
詳しくは、ポータルサイト「きみなび」(http://www.kiminavi.jp/)をご覧ください。

◎問合せ先 君津商工会議所 きみなび事務局
TEL0439(52)2511 FAX0439(52)0177


>>>詳しくは


戻る
 
 

 

 
2015.5.30 君津市
きみつの地酒で乾杯を推進する条例

平成26年10月1日に「きみつの地酒で乾杯を推進する条例」が施行されました。
君津市産の酒類又は君津市に特にゆかりのある酒類(地酒)で乾杯しましょう!この条例は地域経済の発展に寄与することを目的としています。
※乾杯を強制するものではありません。
※個人の嗜好、意思を尊重します。
※お酒は20歳になってから。飲酒運転は絶対にやめましょう。

▼君津市役所経済部経済振興課 0439-56-127


>>>詳しくは


戻る
 
 

 

 
2015.4.11 君津市
「君津駅北口交通広場駐車場」がオープン

君津市に「君津駅北口交通広場駐車場」がオープンし、自家用車での君津駅周辺施設へのアクセスが便利になりました。

利用料金 最初の30分無料、その後30分につき200円
▼利用時間 24時間利用可能
▼駐車台数 27台(うち身体障害者用駐車スペース1台)
〈問合せ〉
TEL0439(56)1282 君津市都市整備課


戻る
 
 

 

 
2015.4.4 君津市
千葉国際中学校・高等学校が4月より
校名が翔凛中学校・高等学校になりました。

 千葉国際中学校・高等学校が、2015年4月より翔凛(しょうりん)中学校・高等学校となりました。
 これからの時代は、国と国の関係ではなく、地球上一人ひとりの心を大事にして、課題を解決していくような人材が求められています。Global(グローバル)時代に貢献する人材の育成を目指しています。
 翔凛の「翔」には、大空に舞いあがり、地球を目先にこだわった見方でみるのではなく、俯瞰的そして鳥瞰的な見方で見るという意味、「凛」には、凛とした人間を育成したい、グローバルな人間は凛としてほしいと考え、日本の風土のよさと日本古来のよさ、例えば礼儀や挨拶や服装を整え、自分自身を律し、形(外見)も心(内面)も姿勢の美しい人材に育ってほしいという意味が込められています。


>>>ホームページ


戻る
 
 

 

 
2015.3.21 木更津市
木更津総合高校
選抜高校野球大会出場 甲子園へ

 木更津総合高等学校硬式野球部が3月21日(祝)より開幕する「第87回選抜高校野球大会」に出場します。
 初戦は22日(日)の第3試合(試合開始予定14時)、岡山県の岡山理科大学附属高等学校と対戦します。
 木更津総合高等学校は木更津中央高等学校時代の1971年に春の選抜大会に初出場、木更津総合高等学校に改称以降2003年、2008年、2012年と2013年に夏の選手権大会に出場しており、春の選抜大会は44年ぶり2回目、春夏通算6回目の甲子園出場となります。


戻る
 
 

 

 
 2015.2.17 木更津市
木更津東高等学校
「ねぎ塩豚焼肉といろいろおかず弁当」販売!

県立木更津東高校家政科の3年生40人が、コンビニエンスストア「ファミリーマート」と共同開発した「ねぎ塩豚焼肉といろいろおかず弁当」を県内を中心とした同店舗約900店で2月17日から1ヵ月間販売している。
今回の弁当は、同校ならではの調理や栄養の学習に加え、キャリア教育の取り組みとして、約半年間にわたりファミリーマートと企画、検討を繰り返しおこない弁当の商品化実現となった。
生徒達は「頑張っているあなたに食べて欲しいから」をコンセプトに、家族や毎日頑張っている人達にむけて、疲労回復に効果のある食材を選びたくさんの方に食べてもらえるように味はもちろんのこと栄養のバランスや見た目も工夫した。

※ファミリーマート地域密着プロジェクト「ファミマものづくりアカデミー」は、商品開発チームが学校で講義し、学生達と共に商品開発から発売まで進める取り組みです。商品アイデアの発案やマーケティングも含め、商品開発の基礎を実際に体験することができます。

◎開発までのスケジュール
▽2014年7月〜8月
夏休みの課題として、生徒達が各自の商品アイデアをまとめた「コンセプトシート」を作成(計33案)

2014年9月
ファミリーマートの商品開発担当者によるコンビニの商品開発や最近のトレンドの講義を受ける。

2014年10月〜2015年1月
ファミリーマート商品開発担当者による商品試作・検討をおこなう(計3回)
生徒達と検討のうえ、発売商品、パッケージデザインや商品価格のなどの検討する。

【価格】470円(税込)
【内容】カリカリ梅チップをのせたねぎ塩豚焼肉、豆腐ハンバーグ、焼鮭、玉子焼き(明太子マヨ、青のり入り)、ひじき煮などのおかずと、黒ゴマをかけたご飯


戻る